投資の種類について

金貨さまざまな社会不安がある近年、安定した資産形成のために投資が注目されています。そんな中、安定した価値ある資産への投資として金への投資の人気が高まっています。金への投資にはどのような種類があり、投資する際に気を付けることとはどんなことでしょう。

投資とは長期的な目線で利益を見込んでお金を出すことです。投資の種類は非常に多く存在します。株式や投資信託、FXや債券、金やビットコインなどさまざまです。リスク回避のためには1つに投資することを避け、さまざまな地域や資産に分けて分散投資を行うことが有効とされています。その1つとして社会不安に影響されにくい金への投資があります。

金はそのもの自体に価値のある実物資産です。その物自体に価値のない紙の資産である株式や債券は、経済不安や発行元の企業や国の影響で価格が大きく左右されます。実物資産と紙の資産は反対の動きをみせる傾向にあるので、紙の資産の下落を補うことが可能です。金も為替の影響を受け価格が上下します。それでも世界共通の価値があり「有事の金」と言われるほど安定していて、無価値になることはありません。

金の投資には多額の資金が必要な金地金の購入と、少額から購入できる金貨投資や純金積み立てなどがあります。少額から手に入る金貨を投資目的で購入するなら地金型金貨を購入することが大切です。金相場は日々変動するので小分けの売買を心がけ、傷がつかないよう慎重に取り扱いましょう。

少額から始められて安定している金貨投資も必ずしも利益がでるとは限りません。このサイトでは投資の種類や金貨投資の注意点を説明します。


Back to Top