金貨投資とは

金貨「有事の金」といわれるほど安定した価値を持つ金への投資の一つとして金貨投資があります。金貨投資と金地金への投資では、どんな違いや注意点があるのでしょう。

金貨は重量が軽く、1枚などの少額からの購入が可能です。金地金は金塊なので多額の購入資金が必要となります。金貨と金地金を同じ重量で比べた場合、製造費がかかっている金貨の方が割高になります。金は日々変動するので、購入と売却は小分けに行うことも大切です。また、傷やへこみがつくと売却時の価格が安くなることがあるので慎重に保管しましょう。

投資目的で金貨を購入する場合は地金型金貨を購入しましょう。発行元の政府から品質を保証されていることが多く、安心して取引できます。地金型金貨は金の価格に金貨の製造費などをプラスした金額で取引されているので、純粋に金相場に影響を受けます。しかし収集目的の金貨は人気がなくなると売買価格が下がる可能性があるので投資には向きません。

デザイン性が高い金貨は収集目的や贈り物にも適しています。毎年デザインが変わる金貨を収集することを楽しみにしている人もいます。

金相場の変動によっては金貨投資も利益がでないことがあります。資金に余裕を持ちながら分散投資の1つとして、メリットデメリットを確認しながら納得できる金貨投資を始めましょう。

参照HP / 金貨投資・購入(ゴールドコイン)


Back to Top